フロアコーティング 無料見積もり

フロアコーティング 種類 費用

フロアコーティングの種類には、使用するコーティング剤の性状によって、数種類が一般的に使用されています。

こちらはつやのあるタイプです。つやが控えめの落ち着いたタイプもありますので、お好みで選択されるといいです。

水性アクリルコーティング

一番価格の安いコーティングです。
費用は平方メートルあたり1,000円前後。
(10畳のリビングで16,000円前後)
耐用年数は1~2年。
ワックスの延長と考えれば分かりやすいと思います。
長所は非常にツヤがいいことです。
短所は水拭きするとコーティングがとれてしまうこと。
掃除は、乾拭きです。

水性ウレタンコーティング

低価格ですがそこそこの耐久性があります。
費用は平方メートル当たり1,500円前後。
(10畳のリビングで25,000円前後)
耐用年数は3年~5年程度。
長所は、摩擦や水にも強く、キズがつきにくく水で拭き掃除をしても大丈夫なところ。
短所は、水以外には弱く、ペットがオシッコをしたときは劣化しやすいところ。
床暖房でも大丈夫です。ツヤは控えめです。

ウレタンコーティング

ウレタン樹脂を使って、厚みのあるフロアコーティングができます。
費用は平方メートル当たり2,000円前後です。
(10畳のリビングで32,000円前後)
耐用年数は5年~10年程度。
長所は、摩擦にも強く、スリッパの摩擦や犬・猫・子供のダッシュでも大丈夫。
ツヤが控えめです。ピカピカを望む方には物足りないかも。

シリコンコーティング

費用対効果で一番人気です。
比較的お手頃な値段なのに耐久性があります。
費用は平方メートル当たり3,000円前後です。
(10畳のリビングで48,000円前後)
耐用年数は10年以上は楽に持ちます。
長所は、光沢がよく、耐久性、耐水性、耐薬品性などの基本性能に優れること。
柔軟性と密着性もよく、滑り止め効果も高く通気性も備わっています。
ペットの肉球にも優しいコーティングです。
つやはピカピカです。控えめにはできません。

ガラスコーティング

車のガラスコーティング技術を応用したものです。
費用は平方メートル4,000円~5,000円前後です。
(10畳のリビングで7万円~8万円程度)
耐用年数は20年程度。
非常に丈夫なガラスの薄い塗膜ができて、家具を引きずっても、犬や猫の爪があたっても、ほとんど痕が残りません
弾力性があり、通気性・耐屈曲性も優れています。
フローリングが膨張・収縮するようなことがあっても大丈夫です。
ツヤは控えめです。

UVコーティング

ウレタンを主体とした樹脂に紫外線をあてて瞬時に硬化させるコーティングです。
瞬時に硬化するので施工後すぐに使用できます。
費用は平方メートル5,000円前後です。
(10畳のリビングで8万円程度)
耐用年数は20年以上。
ワックスの10倍以上の厚みの、きわめて硬度の高い塗膜面でフローリングを覆います。
特に耐摩耗性に優れます。
特別な機材を使用するので費用は高め。
また、光沢はとても強くピカピカな仕上りです。

フロアコーティングの選び方

一番人気があるのはシリコンコーティングです。 費用がお手ごろの割には10年以上の耐久性があります。

もっと耐久性を求める場合は、ガラスコーティングかUVコーティングですが、光沢を控えめにしたいのならガラスコーティングを、ピカピカにしたいのならUVコーティングを選択するといいでしょう。

安価な水性コーティングは、ワックスがけの代わりと思って使うのがいいでしょう。ピカピカのフローリングがどんな感じか確かめるために使うのもいいですね。

できるだけ安くコーティングを頼みたい方へ

フロアコーティングをするときは、先に見積もりをとってみると思います。

1社だけでなく、複数社の見積もりをとると、一番高いところと一番安いところの差が数万円以上になることがあります。一番安いところを選ぶだけで節約になります。

でも、1社ずつ見積もりをとるのは面倒です。
あなたに代わって最大8社から見積もりをとってくれる一括見積もりのご利用をおすすめします。
もちろん無料で利用できます。

こちらです。

⇒ ワックスとは違うフロアコーティングの高耐久性 最大8社から一括見積もり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする